fc2ブログ

1年を振り返って~令和5年度終業式~

 皆さんはご存じないかもしれませんが、今朝は雪がちらほら舞っていました。
 私はとても早起きなので今日なんか午前3時に起きました。もはや早朝なのか深夜なのかわかりません。午前4時から散歩に出掛けましたが雪が…。
 昨日も雪が降りましたね。3月も終わりだというのに訳が分からない天気です。おかげで桜の開花が遅れています。この分で行くと入園式の日に桜が見られるかも知れません。
 今日は3学期の終業式です。修了式とも言います。名前は何でもいいのですが子どもたちはまた一つ大きくなります。
 自転車が(駒なしで)こげるようになった子もいます。なわとびがとべるようになった子もいます。車の名前を無茶苦茶たくさん覚えた子もいます。とても素晴らしいことです。でも大きくなるというのはそれだけではなく、小さい子に優しくできるということでもあります。自分より知らない子に自分が知っていることを教えてあげる。素晴らしいことです。

+++++++++++++++++++++++
1年を振り返って
卒園式を終え、年中年少組さんも3学期の終業式をもって1年間の保育を終了します。保護者の皆様には毎日の送り迎えやお弁当作り、子どもの身の回りの世話、その他様々なことをしていただきました。本当にお疲れ様でした。また当園の教育にご理解、ご支援をたまわり誠にありがとうございました。行き届かない点もあったかと思いますが、皆様の寛大な心に感謝いたします。年中年少さんの幼稚園生活はまだこれからも続きますが、私の目から見てもずいぶん成長してきたように感じます。保護者の皆様や担任の先生たちから見ればなおさらなことだと思います。これまでの皆様の努力と幼稚園へのご協力に心から感謝の気持ちを捧げたいと思います。
時間はいつでも同じように訪れると言いますが、昨今の時間はとても同じとは思えない凄まじいスピードで進んでいます。今は産業革命に次ぐ大きな革命の時期だと言われます。それに合わせて変わっていくべきものもたくさんありますが、同時に忘れてならないのは、守るべきものは守るということです。何を守り何を守らないのか、その見極めをそれぞれの個人が行わなければならない時代になっています。今を生きる子供たちはまさにそういう能力を必要としています。その中で幼稚園で受けた教育が、その後の人生にとって価値のあるものになるように、私たちも日々研鑽を積み子供たちに対応していきたいと思っています。
この1年間、子供たちも様々なことに取り組み頑張ってきました。4月は、年少組さんは、まずは基本的生活習慣の確立です。基本的習慣は各ご家庭で行うことがほとんどですので、ここで言う基本的生活習慣とは集団生活の決まり事に慣れ、先生のお話をよく聞くことやお友達に思いやりを持って接することを言います。4月当初は年少組では多くのお子様が泣いていました。慣れない集団生活に不安を抱えている小さい子どもたちには当然のことですが、それから徐々に幼稚園生活を楽しむ活動に移っていきました。様々な行事を通じて幼稚園生活の楽しみを味わいながら、しかし着実に子供たちは成長していきました。慣れない年少さんを助けて、案内をしている年中年長組さんの姿をよく見かけました。
年中組さんは年少組の時の経験を基盤として、少し上のレベルの知識や運動、他者との関わり合い方等を学び高めてきました。
たった1年の間にこのように大きな成長を遂げたことを保護者の皆様共々にお祝いしたいと思います。
文字の読み書きや英語に触れることも早くから取り組みました。そのような外側からのアプローチだけではなく、エンパワーメントといいますか、子どもたちの内面から学ぶ意欲

を高め、生きる力を養うための活動や自主性を育むための活動も行ってきました。例えば、総合活動ではテーマを決めて、そのテーマの中で調べたり遊んだり、自由な発想を楽しんだりしました。表現活動では決まりに縛られない自由な発想を大切にする取り組みを行ってきました。
 夏は泥んこ遊びや色水遊び、またプールの活動などで少しずつ暑さに負けない体力も付けてきました。七夕祭りや、秋には運動会。その練習の中からみんなで取り組むことの楽しさや大切さを学び、同時に体力や基本的な運動能力も培ってきました。
 お芋ほりにも行きました。お店屋さんごっこもありました。動物村もありました。ハロウィンもお化けに仮装して楽しみました。12月にはクリスマス発表会で作品をお家の方に見ていただいたり、合奏や鍵盤ハーモニカの発表も見て頂いたりしました。
 2月には1年間の保育の集大成である劇の発表会がありました。サークルタイムを使ってみんなで話し合いながら作り上げ、どきどきしながら発表しました。その他にもここには書ききれないたくさんの経験をしました。
それらの活動を通して子供たちは成長していきました。その意味で幼稚園教育
の意味は大きいと思います。皆様のご協力に改めて感謝いたします。
これら様々の活動を通して当園の教育が目指す道はおぼろげながら浮かんできたように思います。この方向性を突き進め、他にはない当園ならではの保育を実践できるように、今後も教職員一同共々にがんばります。よろしくお願いします。
終業式では子どもたちに、「幼稚園で大事なことはいろいろなことにチャレンジすること。それ以上に大事なことは他のお友達を大切にして思いやること。思いやりは自分の役には立たないと思うことがあるかもしれませんが、長い人生の中では思いやりを持っていることが幸せに生きるコツでもあります。幼稚園の集団生活の中で培った思いやりの心を大切にしてください」というお話をしました。
これから春休みになりますが、春休みには大きな工事があります。夏休みにも大きな工事を予定しています。皆様にご不便をおかけするかもしれませんが、幼稚園も少しずつバージョンアップしていきます。お詫びとともにきれいになる幼稚園を楽しみにしておいてください。
++++++++++++++


 咲いている花は桜ではなくてアンズです。
DSC06041.jpg

DSC06043.jpg

「(先生)一年間ありがとう。」「(先生も)ありがとう。」心温まる瞬間です。
DSC06046.jpg

みんな大きくなったね。今年度で退職する先生たちからお話をしていただきました。寂しくなるけど行事の時にまたきっとみんなに会いに来てくれると思います。
DSC06049.jpg

バイバイ。お家でもお利口にしていてください。
DSC06053.jpg




スポンサーサイト



Comments







非公開コメント