fc2ブログ

学級担任

 年少組の担任の先生は今、青息吐息です。特に今年初めて担任を持つ先生は声をからして子どもたちに話していますがその声は子どもたちの上を通り過ぎ壁に当たって虚しく反響してきます。
 「こんなはずではなかった」と当園に限らず多くの初担任の先生は感じているはずです。その姿を見て私は「青いな」と密かにほくそえんでいます。
 幼稚園でも保育園でも、小学校でも中学校でも人手不足にあえいでいますが、幸い当園は採用1年目は担任を持たないということを維持できています。それでもフリー教員の立場でクラスに入るのと担任として入るのとではまるで違います。こう指導すればこうなる。そのはずだったのがそうはならない。わかってはいたけれども今は戸惑ってばかり。一日が永遠のように感じている先生も少なくないはずです。
 でもあきらめずに頑張ったことが最後に効いてきます。ここが正念場。あきらめたらそれで終わり。頑張りましょう!!!
 幼稚園が学生さんから敬遠される理由に「担任を持ちたくない」というのがあるそうです。担任は負担が大きいので一定わからないではありませんが、卒園するときに一番感謝されるのは担任の先生です。
 ある自治体で学級担任制をやめて学年担任制にするというニュースがありました。学級担任だと一人の担任に負担が集中するので分散させるのが狙いだと思います。これによって幾分かは先生の負担は軽減するかもしれません。でも分散させると責任の所在がはっきりしなくなるというデメリットもあります。共同責任という名の無責任にもなりがちだということです。
 どちらが良いとかいうことではなくて「時代」ですね。
 そこで保護者の皆様にお願いです。先生たちをいたわってあげてください。よろしくお願いします。

 とはいいながらおおむねおりこうさんの年少さんです。
IMG_6665.jpg

「並ぶの上手」(パチパチパチ)と言っています。この状況に今一つ納得できていない子もそこそこいます。
IMG_6666.jpg

 年中さんはこんな感じです。楽しんでます。年少さんももうすぐ楽しくなります。
IMG_6662.jpg

 年長さんは去年の秋に植えたチューリップの鑑賞会です。さくらもそうですが、チューリップいまだ見頃です。
IMG_6660.jpg



スポンサーサイト



Comments







非公開コメント