fc2ブログ

幼稚園探検隊

 17世紀の思想家、トマス・ホッブズによると人は生まれながらにして「何をしても良い権利」を持っています。これを「自然権」といいます。そしてそのような状態のことを「自然状態」といいます。何をしても良いのですからその中には当然人殺しも含まれます。なぜ人を殺してはいけないかを論理的に説明するのは実は結構難しいのです。でもこれを肯定すると「万人の万人に対する闘争」「万人は万人に対して狼」の状態になります。それを防ぐために少しずつ譲り合ってルールを決めます。これを社会契約といいます。
 これが画期的なのはルールを決めるのは神でも為政者でもないところです。もっともホッブズはこの後絶対君主制の擁護者になりますので今の感覚では理解できないところもあります。でもここからジョン・ロックやルソーの啓蒙思想や民主主義につながっていきます。
 長々とお話ししましたが3歳児さんは自然状態からルールを守ってお互いを尊重する民主義への過渡期にあります。小さなことですが子どもたちは今民主主義を学んでいるところです。

 今日はみんな並んで園内の探検に出掛けました。簡単なようですが担任の先生は結構大変です。補助のフリーの先生も…。
DSC06136.jpg

DSC06153.jpg

DSC06158.jpg
スポンサーサイト



Comments







非公開コメント